壁紙
テクノセンター

ボタン7 主な活動紹介

株式会社環境総合技術センター
【完全循環型
      食品リサイクル施設】

家庭・飲食店・事業所から排出される生ごみを回収し、乳酸菌を利用して分解を進め有機肥料を製造しています。
アクトビーリサイクリング株式会社
【家電リサイクル施設】

家電リサイクル法に基づき家電製品4品目を高度に分解・選別し高品位なリサイクル原料を生産しています。

喜楽鉱業株式会社
【使用済みオイルリサイクル施設】

自動車整備工場、ガソリンスタンド等から排出される使用済みオイル等を回収・ろ過し、再生燃料を製造しています。
 みなまたエコタウン協議会 MINAMATA ECO-TOWN CONFERENCE
鰍ンなまた環境テクノセンター

【支援機関】

産・学・官が連携して、地場企業の育成と技術向上のための支援、環境ビジネスなどの新事業創出の支援を行っています。

株式会社田中商店水俣営業所
【びんのリユース・
         リサイクル施設】

一升びんやリターナブルびんを回収・洗浄・検査して再使用(リユース)びんとして販売しています。




株式会社水俣アスコン
【リサイクル合材製造施設】

建設廃材やアスファルトを受け入れ破砕し、再生合材・再生砕石を製造しています。
わくワークみなまた
【ペットボトルリサイクル施設】

環境と福祉を融合させた新たなモデルとして知的障害者(18歳以上)を中心とした授産事業を行っています。

アクトビー
本文へジャンプ

みなまた環境テクノセンター

喜楽鉱業

ページTOP

株式会社アール・ビー・エス
【浄化槽汚泥等を微生物で分解した
         有機質肥料の製造施設】

水俣・芦北地域の浄化槽汚泥等を微生物(土壌菌)で分解し、余剰微生物は脱水・乾燥し有機質肥料として製造・販売しています。
環境総合技術センター
 



わくワーク

株式会社

株式会社木村 水俣工場
【廃プラスチックリサイクル施設】

当社は、兵庫県高砂市に本社を置く
再資源化事業者です。
熊本県ではプラスチックの再資源化を
主たる事業として行っており、特に
ペットボトルのキャップを原料化する
事に力を入れています。

Minamata Kankyo Techno Center

エコタウン(事業)は・・・

  エコタウン事業は、新しく環境産業(企業)をつくることで地域の振興や、地域の独自性を活かしたごみの発生抑制・リサイクルを進め、これから必要な資源循環型経済社会をつくっていくため、地方公共団体が、地域住民、地域産業と一緒になって取り組む「環境に調和したまちづくり」を応援する制度です。
  具体的には、地方公共団体が「エコタウンプラン」を作成し、その計画が他の地域のモデル(お手本)になる場合、国(経済産業・省環境省)が承認し、この承認を受けた地域や民間の団体が行う事業に対して支援します。
  現在、エコタウンの承認を受けた地域は全国に26ヶ所あり、九州では水俣市・大牟田市・北九州市が承認を受け環境産業の誘致などを行っています。
  水俣市は「水俣エコタウンプラン」として平成13年2月に承認を受けました。

※水俣エコタウンの詳しいパンフレットは
水俣市役所ホームページからダウンロードできます。


みなまたエコタウン協議会は・・・

 水俣エコタウンプランに位置づけられた、環境リサイクル事業を行う企業(みなまたエコタウン立地企業)相互の連携強化と情報交換・共有化を図り、水俣エコタウンの充実を側面支援し、大学などの技術シーズや知見を活用した産学官共同による新しい環境ビジネスへ展開していくことを目的に、平成14年10月に設立されました。
 現在協議会は、エコタウン立地企業9社(鰍ンなまた環境テクノセンター含む)で運営しており、鰍ンなまた環境テクノセンターはその事務局となっています。

みなまたエコタウン立地企業
エコタウンマーク
エリア