本文へジャンプ
SCHEDULE  過去の事業  2005(H17)年度
 

Minamata Kankyo Techno Center

みなまた環境テクノセンター

株式会社

1999(H11) 2000(H12) 2001(H13) 2002(H14) 2003(H15)
2004(H16) 2005(H17) 2006(H18) 2007(H19) 2008(H20)
2009(H21) 2010(H22) 2011(H23) 2012(H24) 2013(H25)

  過去の事業


都市エリア産学官連携促進事業(一般型)


 
環境保全に資する陸上と海域のバイオマス環境システムの開発

  1. 趣旨
     地域固有の資源を活用した産業の高度化・高付加価値化、並びに深刻化する有明・八代海汚染等の環境問題が喫緊の課題になっている。当エリアの中心に蓄積された地域先導研究による高度な微生物制御を用いたバイオマスの処理・再利用技術と海藻類を活用した新規な生物学的浄化技術を結合し、陸上及び海域一体となった環境浄化システムを開発するとともに、浄化の過程で産出される各種バイオマスから生理活性成分を抽出し、その有効性を検証のうえ高度利用法を確立することにより、環境保全に資する陸上と海域のバイオマス順化システムを開発する。
  2. 実施期間及び研究機関
    研究期間 平成15年度〜平成17年度
    所管省庁 文部科学省
    研究機関 熊本大学、崇城大学、八代工業高等専門学校、熊本県立大学ほか(みなまた環境テクノセンターは、中核機関として参画)
  3. 研究概要
    1. 成果育成事業 … バイオマスの効率処理技術の開発
    2. 共同研究事業 … 藻類浄化機能PJ、生理活性素材開発PJ
    3. 研究交流事業 … 地域連携ネットワークの構築など

広域的新事業支援ネットワーク拠点重点強化事業


 
南九州環境・バイオネットワーク構築事業

  1. 概要
     南九州地域には、焼酎等の醸造メーカー、畜産業者、漁業における養殖・水産加工メーカーが多数存在しており、焼酎粕、畜ふん、動植物性残さ等の大量のバイオマスが排出されている。本事業を実施することにより、域内における環境・バイオ関連産業と化学・IT産業との技術融合を支援し、「地域の課題を地域で解決」すべく、新たな環境・バイオマス関連の新事業創出に向けた一助とし、将来的には、北部九州エリアネットワークと結びつけることで、南九州地域における産業振興に資することを目的に実施。
  2. 実施期間 平成17〜20年度
  3. 主な事業内容
    1. ネットワーク形成事業
    2. 新事業創出支援事業
    3. 連携促進事業
    4. 販路開拓支援事業
    5. 情報提供事業

水俣芦北地域振興推進協協議会委託事業


 
水俣芦北沿岸環境再生調査関連業務

  1. 概要
     当該地域において造成技術が確立されていない採集海藻(海草)の効果的な発芽方法や、苗の大量培養等に関する技術開発及び今回の調査結果を基にした藻場造成のモデル事業としての可能性を探る。
  2. 実施期間 平成17〜19年度
  3. 主な事業内容
    1. 海藻(海草)種子採取から苗の育成、植栽に関する調査
    2. 植栽後の育成状況の把握

ページTOP